介護関連店舗であることを伝えるのぼり旗

介護高齢者や要介護者を介護するときに
使用する用具や器具などは様々あり、
ベッドやマットレス、車椅子などの
大物品は専門店で注文することが
多いと思います。

しかし杖や手すりなどの小物品やトイレや
入浴介護時に使用する消耗品は、なくなったときや必要を感じたときに購入するものです。

意外なことに、これらの商品はホームセンターやスーパーなどで販売されていないことも多く、販売店を探すケースは多いです。

こんなとき店舗先に「介護サービス・用品あります」
という看板や、のぼり旗の表示でもあれば
遠くからでも目立ちますから、すぐに足を
向けることができます。

在宅介護や介護老人問題は社会的が抱える
問題なのですが、そのサービスや用品については
意外と実店舗の存在がなく、仕方なくネットの
通販にたよることが多いように感じます。

ネット上でもそれほど種類は多くありませんから、
それほど利益を生み出さない業種なのかなとも
思いますが、介護保険などを使えば安価に
入手できるのですからその旨も、のぼり旗に
表記して店舗先に掲げたら大変目立つだろうと思います。医療

特にシャッター街になっている商店街に
「介護用品・サービス」と表記されたのぼり旗を
見た客は、どんな用品やサービスがあるのだろうかと
入店者は確実に増えるだろうと推測します。

商店街でも電光表示が増えている現在、のぼり旗の
表示方法は逆に斬新な気がします。

風が吹けばヒラヒラと動きますし1本あたりの価格も
安価ですから、2本3本と目立つように掲げておくことも
容易です。

通販サイトを是非チェックして、オリジナルのぼり旗で
商品アピール・集客につなげて下さい。

通販時に確認したいのぼり旗のポイント

目安のぼり旗を通販で注文するときに
確認したいポイントは、配色です。
背景色と文字色が全く同じだったり
同系色だったりすると、
遠くから目立ちません。

のぼり旗を店先に設置しても、
遠くからは何を書いているのか
分かりづらいので、宣伝効果も
減ってしまいます。

お店でのぼり旗を注文する場合は、
実物を見ながら配色を決めることが
できるでしょう。

そのため、目立たない背景色や文字色にしてしまっても、
注文前に気付いて変更することができます。

しかし、通販の場合はパソコンの画面で見て決めるだけなので、
気づかない可能性があります。邪魔にならないように

ですから、のぼり旗を通販で注文するときは、それぞれが
ハッキリとした色を組み合わせましょう。

背景色と文字色をハッキリと分けておけば、遠くから
目立つようになります。

離れた場所から見ても良く分かるので、宣伝効果も
上げることができるでしょう。

しかし、配色だけでは万全とは言えません。
通販でのぼり旗を注文するときは、配色だけでなく
文字もポイントです。

文字も配色と同じく、ハッキリとしたものを
選ばなければ目立ちません。

のぼり旗一杯に文字が書かれていると、通販で
注文をするときは大きいと感じる人もいるでしょう。

しかし、少し小さめにすると通販からのぼり旗が
届いたときに、小さすぎると感じるものです。

ですから、文字はできるだけ大きくして、ハッキリとした
フォントを選ぶのが良いです。

のぼり旗の通販で失敗しないためには、ポイントを
確認しながら選びましょう。