扱っている各地の大名の旗

のぼり旗通販ドットコムでは、戦国武将のオリジナルのぼり旗を取り扱っています。

有名な戦国武将からマイナーな武将のものまで、さまざまなものを取り扱っているのが特徴です。

織田信長のものも扱っていて、信長のものは永楽銭がデザインされているのが特徴です。
上杉謙信のものも取り扱っていて、丸が描かれているデザインです。

有名な武将ののぼり旗

武田信玄のものも扱っていて、一番有名なものは風林火山の文字がデザインされているものです。
そのほかに図柄が使用されているタイプのものもあります。

武田信玄の子供の武田勝頼のものも扱っていて、旗の一番上のほうに大という漢字が書かれているデザインで、白と黒の2種類があります。

徳川家康のものも扱っていて、家紋が入っているもののほかに、欣求浄土と描かれた旗も扱っています。

明智光秀のものも扱っていて、水色の旗に家紋が描かれています。
中国地方の大名であった毛利元就のものも扱っていますが、一という漢字の下に丸が3つ重ねられたマークが描かれているデザインです。

薩摩の戦国大名である島津義弘のものも扱っていますが、黒字の旗に十字が描かれているデザインが特徴的です。

そのほかに東北地方の大名であった伊達政宗や、駿河の今川義元のものなども扱っています。

のぼり旗通販ドットコムで扱う旗

のぼり旗通販ドットコムでは、真田幸村のものも取り扱っていて六文銭が描かれています。
直江兼続のものも扱っていて、鳥がデザインされているものや、文字が書かれているものなど、複数の種類があります。

のぼりの取り扱い

兼続の盟友であった西軍の盟主の石田三成のものも扱っていて、有名な「大一大万大吉」の旗のほかに、家紋を上下にデザインしたタイプのものや、赤い丸が上下に三つデザインされたものも扱っています。

三成とともに関が原の戦いで、西軍で活躍した宇喜多秀家のものも扱っていて、漢字がデザインに使われています。
三成の親友であった大谷吉継ののぼり旗も扱っていて、丸が3つ縦に並んでいるデザインです。

近江の大名であった浅井長政のものも扱っていて、白い色の旗に井の字がデザインされています。
織田信長の部下であった前田利家の旗も取り扱いがあり、花が上下に3つならんでいるデザインです。

関東地方の戦国大名である北条氏康のものも扱っていますが、小さな三角が3つ積み重なって1つの大きな三角になっているのが特徴のデザインです。

徳川家康の部下であった本田忠勝のものも扱っていて、本という漢字の下に黒い線が入っているのが特徴です。

激安でのぼり旗インクジェット印刷をしてもらうには

のぼり旗インクジェットを注文する際には
ネット通販サービスを利用することになります。

ネットから必要となるデータを入稿することで、
様々な手間を省くことになります。
その結果、激安で仕上げてくれるサービスが多くあります。

激安

元々ネット通販サービスは料金が安く設定されていますが
さらに工夫することにより、激安でのぼり旗インクジェットを
利用することが可能です。

まず必要とするデータですが、多くのサービスはあらゆる種類の
デザインソフトに対応しています。
けれども中には、ソフトを限定して入稿を受け付けている
サービスがあります。

このようなサービスでは、比較的料金を大幅に安くしているケースが多く見られます。

また、デザインのテンプレートを用意するサービスも
ありますが、自分でデザインを行うことでデザイン料を抑えることになります。

また、のぼり旗インクジェットで使用する生地は
色々とありますが、最も安価なものを選ぶことも必要です。

もちろん耐久性は落ちますが、作り直すサイクルを
早めることで、集客力を高めることができます。

作り直す

あるいはチェーン店などが多い場合には
大量にのぼり旗インクジェットを頼むことになります。

その場合にはシルクスクリーン印刷を頼むことで
単価を下げることができます。

このように幾つかの工夫をすることで、安く利用できる
通販サービスで、さらに激安料金で仕上げることが可能となります。

もちろん、宣伝効果を考慮して注文することが大切です。

のぼり旗を設置するなら防災面を徹底しておこう

宿泊施設や病院、ガソリンスタンドなど不特定多数の人が
出入りする場所でのぼり旗を設置することを考えている人は
注意しておかなければならないことがあります。

こういった施設というのは、防災物品の使用が
義務付けられているのです。

ですから、のぼり旗を設置する時には、防災加工が
施されたタイプを選ぶことが必要です。

のぼり旗というのは便利なアイテムですから、
屋外だけでなく屋内に設置することもあるものですが、
万が一のぼり旗が燃えてしまうと、他の物にも
火が燃え移り、延焼被害が拡大してしまう恐れがあり
大変危険です。注意喚起

防災加工が施されていないのぼり旗というのは、
火がつくとあっという間にのぼり旗全体に
燃え広がってしまい、ボロボロになってしまいます。

しかし、防災が施されているタイプであれば
無傷ということはなく炭火はしますが、燃え広がるような
ことがないため、被害が拡大するのを防げるのです。

ちなみに、のぼり旗の販売を行っている業者の中には
日本防災協会が発行している認定シールを付けて
届けてくれるところがあります。対策会社

防炎加工が施された商品というのは、
きちんとした試験にクリアしている
商品ですので、安心して使えるものです。

このように、のぼり旗というのは、
単にお店や商品の宣伝をしていくことだけを
考えるのではなく、火災が起きた時の
ことも考える必要があります。

防災加工が施されているタイプを手に入れて、
安全な形で宣伝をしていきましょう。

シルク印刷ののぼり旗の活用ポイント

のぼり旗の印刷には種類がありますが、その中の一つが
シルク印刷というものです。並べ方

これは、製版代が必要なため
割高になってしまうのが難点ですが、
印刷枚数が多くなると1枚あたりの
価格がかなり安くなるため、大量に
のぼり旗を確保する必要がある人には
ちょうど良いタイプだと言えます。

具体的な価格の例ですが、500枚を超えるぐらいの
大量注文であれば、1枚あたり200円台になることも
ありますから、かなりリーズナブルな価格で
のぼり旗を手に入れることができると言えるでしょう。試す

また、シルク印刷は濃いインクで印刷することが
できるという特長があります。
このため、裏抜けが良くなるのです。

内容をしっかりと見てもらうことを重視する
場合には、嬉しい特長だと言えるでしょう。

ちなみに、シルク印刷はインクの種類が
たくさんあるのも特長の一つです。

ですから、決められた色できれいな
表現が可能となるのです。

以上のことから、大量に用意する人で
価格やデザインにこだわりたい人に
向いていると言えるでしょう。

通販時に確認したいのぼり旗のポイント

目安のぼり旗を通販で注文するときに
確認したいポイントは、配色です。
背景色と文字色が全く同じだったり
同系色だったりすると、
遠くから目立ちません。

のぼり旗を店先に設置しても、
遠くからは何を書いているのか
分かりづらいので、宣伝効果も
減ってしまいます。

お店でのぼり旗を注文する場合は、
実物を見ながら配色を決めることが
できるでしょう。

そのため、目立たない背景色や文字色にしてしまっても、
注文前に気付いて変更することができます。

しかし、通販の場合はパソコンの画面で見て決めるだけなので、
気づかない可能性があります。邪魔にならないように

ですから、のぼり旗を通販で注文するときは、それぞれが
ハッキリとした色を組み合わせましょう。

背景色と文字色をハッキリと分けておけば、遠くから
目立つようになります。

離れた場所から見ても良く分かるので、宣伝効果も
上げることができるでしょう。

しかし、配色だけでは万全とは言えません。
通販でのぼり旗を注文するときは、配色だけでなく
文字もポイントです。

文字も配色と同じく、ハッキリとしたものを
選ばなければ目立ちません。

のぼり旗一杯に文字が書かれていると、通販で
注文をするときは大きいと感じる人もいるでしょう。

しかし、少し小さめにすると通販からのぼり旗が
届いたときに、小さすぎると感じるものです。

ですから、文字はできるだけ大きくして、ハッキリとした
フォントを選ぶのが良いです。

のぼり旗の通販で失敗しないためには、ポイントを
確認しながら選びましょう。