人手不足解消のためにのぼり旗を設置する

先行き不透明感が増す昨今の社会情勢ですが、業界や地域によっては需要増加による人手不足が起きています。組織の拡大を推し進めるため、店舗の安定した運営を行うためには人手不足の解消が喫緊の課題です。

スタッフ募集を行い、現場スタッフの人数を増員する事で、業務上のトラブルが未然に防げたり働き方改革が効果的に推し進める等、組織の安定的発展にもプラスです。

スタッフ募集のぼり

スタッフ募集を行う方法は色々ですが、のぼり旗を店頭に設置するという手段がとても役立ちます。店頭の目立つ場所にのぼり旗を置けば、不特定多数の方々の目に留まります。

特に店舗をよく利用する顧客、店舗周辺で暮らす地元のユーザーの目に留まるのが、その手段の特徴です。地元で暮らす若者や女性を雇用したいと考えているサービス業の店舗にとって、のぼり旗で呼びかける手法は効率的であり、自然と希望通りの方々に情報が行き届きます。

のぼり旗を設置する場所は基本的に自由ですか、なるべく目立つように出入り口付近に設置したり、人通りが多い道路沿いに置くのがセオリーです。大型の駐車場や駐輪場があるスーパーマーケットであれば、その付近にのぼり旗を設置するのも良いアピール方法となります。

分かりやすいメッセージを心がける

のぼり旗の良いところは、低コストで求人情報のアピールが出来る点です。設置にはのぼり旗の制作費が当然必要ですが、一度設置すれば後はランニングコストが基本的に掛かりません。電気代や回線費用なども不要で、またのぼり旗は不眠不休で店頭に立ち、不特定多数の社会人に向けて宣伝してくれます。

のぼり旗に印刷するメッセージには、ちょっとした工夫が必要です。同じ求人募集を呼びかけるにしても、分かりづらい文章になっていたらせっかくのアピール力が不足します。なるべく短い文章を心がけ、また不特定多数の方々が思わず注目するようなキャッチコピーを大きく旗には印刷しましょう。

いわゆるアルバイト募集の呼びかけであれば、勤務時間や時給や待遇などを大きく印刷し、不特定多数の方々に一目で分かるように工夫を凝らしたいところです。未経験者歓迎、経験者優遇といったフレーズを織り込む事で効果的にアピールが行えます。

募集の呼びかけ

正社員採用ありやシフトの自由度が高い、専業主婦歓迎といったフレーズも地元の社会人に響く良いキャッチコピーとなります。分かりやすい場所に連絡先を明記しておくのも重要で、興味を持った大学生や主婦の方々がどこに問い合わせればバイト募集の面接を受けられるか、一目で分かるような工夫が大事です。

介護関連店舗であることを伝えるのぼり旗

介護高齢者や要介護者を介護するときに
使用する用具や器具などは様々あり、
ベッドやマットレス、車椅子などの
大物品は専門店で注文することが
多いと思います。

しかし杖や手すりなどの小物品やトイレや
入浴介護時に使用する消耗品は、なくなったときや必要を感じたときに購入するものです。

意外なことに、これらの商品はホームセンターやスーパーなどで販売されていないことも多く、販売店を探すケースは多いです。

こんなとき店舗先に「介護サービス・用品あります」
という看板や、のぼり旗の表示でもあれば
遠くからでも目立ちますから、すぐに足を
向けることができます。

在宅介護や介護老人問題は社会的が抱える
問題なのですが、そのサービスや用品については
意外と実店舗の存在がなく、仕方なくネットの
通販にたよることが多いように感じます。

ネット上でもそれほど種類は多くありませんから、
それほど利益を生み出さない業種なのかなとも
思いますが、介護保険などを使えば安価に
入手できるのですからその旨も、のぼり旗に
表記して店舗先に掲げたら大変目立つだろうと思います。医療

特にシャッター街になっている商店街に
「介護用品・サービス」と表記されたのぼり旗を
見た客は、どんな用品やサービスがあるのだろうかと
入店者は確実に増えるだろうと推測します。

商店街でも電光表示が増えている現在、のぼり旗の
表示方法は逆に斬新な気がします。

風が吹けばヒラヒラと動きますし1本あたりの価格も
安価ですから、2本3本と目立つように掲げておくことも
容易です。

通販サイトを是非チェックして、オリジナルのぼり旗で
商品アピール・集客につなげて下さい。

通販時に確認したいのぼり旗のポイント

目安のぼり旗を通販で注文するときに
確認したいポイントは、配色です。
背景色と文字色が全く同じだったり
同系色だったりすると、
遠くから目立ちません。

のぼり旗を店先に設置しても、
遠くからは何を書いているのか
分かりづらいので、宣伝効果も
減ってしまいます。

お店でのぼり旗を注文する場合は、
実物を見ながら配色を決めることが
できるでしょう。※https://www.comcastcellular.com/

そのため、目立たない背景色や文字色にしてしまっても、
注文前に気付いて変更することができます。

しかし、通販の場合はパソコンの画面で見て決めるだけなので、
気づかない可能性があります。邪魔にならないように

ですから、のぼり旗を通販で注文するときは、それぞれが
ハッキリとした色を組み合わせましょう。

背景色と文字色をハッキリと分けておけば、遠くから
目立つようになります。

離れた場所から見ても良く分かるので、宣伝効果も
上げることができるでしょう。

しかし、配色だけでは万全とは言えません。
通販でのぼり旗を注文するときは、配色だけでなく
文字もポイントです。

文字も配色と同じく、ハッキリとしたものを
選ばなければ目立ちません。

のぼり旗一杯に文字が書かれていると、通販で
注文をするときは大きいと感じる人もいるでしょう。

しかし、少し小さめにすると通販からのぼり旗が
届いたときに、小さすぎると感じるものです。

ですから、文字はできるだけ大きくして、ハッキリとした
フォントを選ぶのが良いです。

のぼり旗の通販で失敗しないためには、ポイントを
確認しながら選びましょう。

のぼり旗の宣伝効果は?

のぼりを使ってお店をうまくアピールのぼり旗には高い宣伝効果があります。
表面と裏面のみでアピールする立て看板よりも存在感があり、
四方八方から書かれている宣伝内容が見やすいためです。

また、風になびくことで目につきやすく、動かない
立て看板よりも見られやすくなります。

宣伝方法は色々あり、先に述べた立て看板や街頭での
チラシ配布、ダイレクトメールなどがよく利用されて
いますが、のぼり旗は何を売っているお店なのか、
何のキャンペーンを行っているのか、どんなイベントが
開催されているのかといった内容を、最もわかりやすく
派手に宣伝できる宣伝媒体です。動きがある

ストレートな宣伝が大きな文字で目に入ってくると
見た人はとても理解しやすく印象に残ります。

また、のぼり旗を使うことで特別感を演出でき
賑わいが出るため、消費者の購買意欲を
高める効果も期待できます。

のぼり旗は単品でも十分な宣伝効果が
見込めますが、他の宣伝媒体と併用することで
相乗効果によるらなる宣伝効果が
得られるでしょう。