介護関連店舗であることを伝えるのぼり旗

介護高齢者や要介護者を介護するときに
使用する用具や器具などは様々あり、
ベッドやマットレス、車椅子などの
大物品は専門店で注文することが
多いと思います。

しかし杖や手すりなどの小物品やトイレや
入浴介護時に使用する消耗品は、なくなったときや必要を感じたときに購入するものです。

意外なことに、これらの商品はホームセンターやスーパーなどで販売されていないことも多く、販売店を探すケースは多いです。

こんなとき店舗先に「介護サービス・用品あります」
という看板や、のぼり旗の表示でもあれば
遠くからでも目立ちますから、すぐに足を
向けることができます。

在宅介護や介護老人問題は社会的が抱える
問題なのですが、そのサービスや用品については
意外と実店舗の存在がなく、仕方なくネットの
通販にたよることが多いように感じます。

ネット上でもそれほど種類は多くありませんから、
それほど利益を生み出さない業種なのかなとも
思いますが、介護保険などを使えば安価に
入手できるのですからその旨も、のぼり旗に
表記して店舗先に掲げたら大変目立つだろうと思います。医療

特にシャッター街になっている商店街に
「介護用品・サービス」と表記されたのぼり旗を
見た客は、どんな用品やサービスがあるのだろうかと
入店者は確実に増えるだろうと推測します。

商店街でも電光表示が増えている現在、のぼり旗の
表示方法は逆に斬新な気がします。

風が吹けばヒラヒラと動きますし1本あたりの価格も
安価ですから、2本3本と目立つように掲げておくことも
容易です。

通販サイトを是非チェックして、オリジナルのぼり旗で
商品アピール・集客につなげて下さい。

のぼり旗を設置するなら防災面を徹底しておこう

宿泊施設や病院、ガソリンスタンドなど不特定多数の人が
出入りする場所でのぼり旗を設置することを考えている人は
注意しておかなければならないことがあります。

こういった施設というのは、防災物品の使用が
義務付けられているのです。

ですから、のぼり旗を設置する時には、防災加工が
施されたタイプを選ぶことが必要です。

のぼり旗というのは便利なアイテムですから、
屋外だけでなく屋内に設置することもあるものですが、
万が一のぼり旗が燃えてしまうと、他の物にも
火が燃え移り、延焼被害が拡大してしまう恐れがあり
大変危険です。注意喚起

防災加工が施されていないのぼり旗というのは、
火がつくとあっという間にのぼり旗全体に
燃え広がってしまい、ボロボロになってしまいます。

しかし、防災が施されているタイプであれば
無傷ということはなく炭火はしますが、燃え広がるような
ことがないため、被害が拡大するのを防げるのです。

ちなみに、のぼり旗の販売を行っている業者の中には
日本防災協会が発行している認定シールを付けて
届けてくれるところがあります。対策会社

防炎加工が施された商品というのは、
きちんとした試験にクリアしている
商品ですので、安心して使えるものです。

このように、のぼり旗というのは、
単にお店や商品の宣伝をしていくことだけを
考えるのではなく、火災が起きた時の
ことも考える必要があります。

防災加工が施されているタイプを手に入れて、
安全な形で宣伝をしていきましょう。

シルク印刷ののぼり旗の活用ポイント

のぼり旗の印刷には種類がありますが、その中の一つが
シルク印刷というものです。並べ方

これは、製版代が必要なため
割高になってしまうのが難点ですが、
印刷枚数が多くなると1枚あたりの
価格がかなり安くなるため、大量に
のぼり旗を確保する必要がある人には
ちょうど良いタイプだと言えます。

具体的な価格の例ですが、500枚を超えるぐらいの
大量注文であれば、1枚あたり200円台になることも
ありますから、かなりリーズナブルな価格で
のぼり旗を手に入れることができると言えるでしょう。試す

また、シルク印刷は濃いインクで印刷することが
できるという特長があります。
このため、裏抜けが良くなるのです。

内容をしっかりと見てもらうことを重視する
場合には、嬉しい特長だと言えるでしょう。

ちなみに、シルク印刷はインクの種類が
たくさんあるのも特長の一つです。

ですから、決められた色できれいな
表現が可能となるのです。

以上のことから、大量に用意する人で
価格やデザインにこだわりたい人に
向いていると言えるでしょう。